弘南鉄道の除雪車「キ100形」特別運行 運行時刻を事前に公表



弘南鉄道(青森県)は2020年2月9日、同社が保有する業務用の除雪車「ラッセル車」の特別運行を弘南線で実施する。

弘南鉄道のラッセル車。後方の電気機関車に押されて走っている。【画像:taka/PIXTA】

当日の特別運行は4往復で、田んぼアート駅の通過予定時刻は平賀方面が9時57分・10時57分・13時57分・14時57分の予定。黒石方面は10時24分・11時24分・14時24分・15時24分になる。雪が降った場合は、実際に除雪作業を行うことになるため、時刻を変更する場合があるという。

ラッセル車は、車両の前方に排雪板を設置し、進行方向の片側か両側に雪をかき分ける「ラッセル式」を採用した除雪車。弘南鉄道は国鉄から譲り受けたラッセル車のキ100形を保有しており、機関車に押されて走行しながら線路上の雪をかき分けて除雪する。

旅客や貨物を運ばずに走る業務用の車両のため、通常は運行時刻が事前に公表されることがなく、除雪する姿を見ることは難しい。今回は田んぼアート駅の近くで行われるイベント「冬の田んぼアート2020」との連携企画として、事前に時刻を公表した特別運行を実施することになった。

また、田んぼアート駅は12月から翌年3月までの冬季は休止し、列車はすべて通過するが、イベント開催に伴い2020年2月7~9日の3日間は朝の一部の列車を除いて停車する。