特急「ワイドビュー南紀」最小2両編成・グリーン車なしに 「近年の利用状況」踏まえ

LINEで送る
Pocket

JR東海は9月16日、在来線特急「ワイドビュー南紀」の編成両数などを11月1日から変更すると発表した。

名古屋と紀伊半島南部を結ぶ特急「ワイドビュー南紀」(左)。【画像:HK-SAN/写真AC】

JR東海によると、現在は4両編成と5両編成、6両編成で運転されているが、11月1日以降は閑散期を中心に、2両編成と3両編成で運転する列車も追加する。需要にあわせて両数を設定し、引き続き需要にあわせた増発も行う。また、すべての編成でグリーン車の設定をなくし、普通車指定席と普通車自由席のみにするという。

「ワイドビュー南紀」は、名古屋~新宮・紀伊勝浦間(愛知県・三重県・和歌山県)を結ぶ在来線特急。JR関西本線・伊勢鉄道・JR紀勢本線を経由し、名古屋と紀伊半島南部を結ぶ。

国土交通省の統計資料によると、紀勢本線のうちJR東海が運営する亀山~新宮間は、1日の平均通過人員(旅客輸送密度)が2006年度で2237人だったのに対し、2017年度は1741人に減少している。JR東海は「ワイドビュー南紀」の編成両数の変更について「近年のご利用状況等を踏まえ」たとしている。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る