「みんなの九州きっぷ」10月以降も発売 「全九州」か「九州北部」2日間乗り放題

LINEで送る
Pocket

JR九州は9月11日、同社の全線または九州北部の路線を自由に乗り降りできるフリー切符「みんなの九州きっぷ」が好評だとして、10月以降も発売すると発表した。

三角線の特急「A列車で行こう」。三角線は全九州版と北部九州版のどちらでも利用できる。【撮影:草町義和】

10月以降の分は、10月1日~12月27日の連続する土曜・休日に限り、九州新幹線や特急列車、快速・普通列車の普通車自由席が2日間乗り放題。普通車指定席も6回だけ利用できる。また、新たにレンタカーの割引プランを特典として追加した。

JR九州の全線を利用できる「全九州版」(大人1万円・子供2000円)と、九州新幹線(博多~熊本)、豊肥本線、鹿児島本線(熊本~宇土)、三角線(宇土~三角)を含む北部エリアを利用できる「北部九州版」(大人5000円・子供1000円)の2種類が発売される。

9月18日から12月23日までの期間、利用開始日の1カ月前から3日前まで発売される。発売場所はJR九州のインターネット列車予約サービスとJR西日本のネット予約サービス「e5489」。JR九州の旅行窓口や九州・西日本エリアのおもな旅行会社も、宿泊旅行商品とセットの場合に発売する。

「みんなの九州きっぷ(ハロー! 会員限定用 )」も、10月1日~12月27日利用分が発売される。女性50歳以上、男性60歳以上なら入会できる「ハロー!自由時間クラブ」会員限定。大人用のみの発売で、期間中は平日も利用できる。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る