上田電鉄の車庫見学「ちょっとだけよ」 きょうから平日昼間のみ



上田電鉄(長野県)は8月18日から31日までの平日に限り、別所線の下之郷駅に隣接する車庫のなかを客が見られるようにする。

7200系電車の第7255編成が残っていた頃の下之郷車庫(写真奥)。【撮影:草町義和】

下之郷駅の入場券を購入した客に限り、普段は扉が閉まっている車庫のなかを「少しだけ」見せるという。乗車券など入場券以外の切符では見ることができない。時間は10時から15時まで。

上田電鉄は、線路内など立入禁止区域には入らないよう呼びかけている。また、車両の入換や作業の状況によっては見学できない場合があるとしている。

上田電鉄は、上田~別所温泉間11.6kmの別所線を運営。現在は上田~城下間0.8kmが2019年の台風19号の影響で橋桁が崩落し、同区間で代行バスが運転されている。復旧は2021年春頃の見込み。車庫が隣接している下之郷駅は、別所線のほぼ中央にある。