箱根登山電車の全線再開で記念切符発売 硬券2種類、台紙付き

LINEで送る
Pocket

箱根登山鉄道は7月23日から、「箱根登山電車全線運転再開記念乗車券」を発売する。台風による水害の影響で昨年2019年から運休中の鉄道線(箱根登山電車)・箱根湯本~強羅間(神奈川県箱根町)が7月23日に再開することから、これを記念して発売するもの。

箱根湯本→強羅の記念乗車券と台紙。【画像:箱根登山鉄道】

「箱根湯本から強羅行き」と「強羅から箱根湯本ゆき」の硬券乗車券2種類で、それぞれ表面のデザインが異なる台紙が付く。裏面のデザインは共通だ。発売額は各410円で、「箱根湯本から強羅行き」「強羅から箱根湯本ゆき」の2枚セット(820円)も販売される。

まず7月23日から7月26日まで、小田急旅行センターの小田原営業所と箱根湯本営業所で2枚セットのみ販売。7月23日に運転される臨時特急ロマンスカー「おかえり登山電車61号」(新宿6時10分発→箱根湯本8時02分着)の車内でも、2枚セットが販売される。

7月27日以降は箱根湯本駅で「箱根湯本から強羅行き」、強羅駅で「強羅から箱根湯本ゆき」を販売。2枚セットのみ通信販売も行われる。発売期間は来年2021年2月28日までの予定だ。

強羅→箱根湯本の記念乗車券は台紙のデザインが異なる。【画像:箱根登山鉄道】
台紙の裏面は共通。【画像:箱根登山鉄道】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る