箱根駒ヶ岳ロープウェーで「部分日食」観測の特別運行

プリンスホテルの箱根園が運営するロープウェイ「箱根駒ヶ岳ロープウェー」(神奈川県)で12月26日、部分日食にあわせた「特別運行」が行われる。

眼下に芦ノ湖が見える箱根駒ヶ岳ロープウェー。【画像:箱根園】

当日は13時40分、駒ヶ岳ロープウェーの山麓駅から臨時便に乗車し、箱根駒ヶ岳の山頂駅へ。部分日食は14時12分から始まり、15時35分に部分日食が最大になり、16時43分に日の入りを迎える。その後、山頂駅を17時に発車する臨時便に乗って山麓駅に戻る。

「特別運行」の料金は大人2000円・子供1000円。料金には駒ヶ岳ロープウェーの往復乗車券のほか、山麓駅の近くにある温泉施設「龍宮殿本館」の入浴券が付く。

箱根駒ヶ岳ロープウェーは、芦ノ湖の東側にある山麓駅と駒ヶ岳の山頂駅を結ぶロープウェイ。箱根園によると、乗り物を利用して登る山で、駿河湾に沈む太陽と部分日食を見られるのは、神奈川県内では箱根駒ヶ岳の山頂だけという。

関連記事

ページ上部へ戻る