阪神神戸三宮駅の近鉄直通2番線はロープ式ホームドアに 1・2番線は大開口ドア工事中

LINEで送る
Pocket

阪神電気鉄道(阪神電鉄)は6月30日、神戸三宮駅(神戸市中央区)の2番線ホームに昇降ロープ式のホームドアを設置すると発表した。本年度2020年度から工事に着手し、2022年春頃の完成を予定している。

神戸三宮駅の2番線に設置される昇降ロープ式ホームドアのイメージ(車両は阪神)。【画像:阪神電鉄】

阪神電鉄の神戸三宮駅は1番線から3番線まであり、このうち2番線ホームは神戸三宮駅と近畿日本鉄道(近鉄)奈良線の近鉄奈良駅を結ぶ阪神・近鉄の直通列車が発着する。

阪神の車両は1両の長さが約19mで片側3カ所にドアを設けているのに対し、近鉄の車両は約21mでドアは片側4カ所。ドアの数や位置が阪神と近鉄で異なり、標準的なホームドアでは対応できないことから、ロープ式のホームドアを設置することになった。

1番線(大阪梅田方面)と2番線(山陽姫路方面)のホームは、二重引き戸の大開口ホームドア(一部は標準的なタイプ)を設置する工事が進められており、来年2021年春頃に完成する予定だ。

近鉄車両とロープ式ホームドア。ロープ式はドアの数や位置が異なっていても対応できる。【画像:阪神電鉄】
1・2番線に設置される大開口ホームドアのイメージ。【画像:阪神電鉄】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る