JR東日本の伊豆特急「踊り子」6月25日から定期列車は全面再開

LINEで送る
Pocket

JR東日本は6月11日、東京と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」「サフィール踊り子」について、6月25日から定期列車の運転を全面的に再開すると発表した。

東京と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」。【撮影:草町義和】

「踊り子」は現在、新型コロナウイルスの影響を受け、定期列車のうち「踊り子7・15・4・18日号」4本が運休中。6月25日からは、この4本の運転を再開し、毎日運転の定期列車は全面的に再開する。

再開する列車の指定席は、6月25日~7月17日運転分を6月18日5時30分から発売。7月18日以降は通常通り1カ月前の10時から発売される。ただしJR東日本は7月1日以降の指定日に運転される「踊り子」「サフィール踊り子」について、「引き続き事態の推移やご利用動向により発売開始を判断」するとし、運転を取りやめる可能性も示している。

新型車両のE261系電車で運転されている特急「サフィール踊り子」。【画像:TKK5200/PIXTA】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る