鉄道の建設資本金を1兆5100億円増加 中国全人代で政府活動報告

LINEで送る
Pocket

中国の全国人民代表大会(全人代)で5月22日、李克強首相が政府活動報告を行った。鉄道関係では、今年2020年の施策として国家鉄道建設資本金を1000億人民元(約1兆5100億円)増やすとした。

中国の高速鉄道での運転に対応したCRH380CL電車。【撮影:草町義和】

中国国鉄の総延長は20年前の2000年で約6万9000kmだったが、2009年頃から経済成長に対応するため鉄道新線の建設が急速に進み、2019年には約13万9000kmに拡大した。高速鉄道も2019年には3万5000kmのネットワークに拡大しており、このうち約1万kmは300km/hの運転に対応している。

中国国鉄は2019年だけで約6800kmの新線が開業しており、建設資本金の増加で鉄道ネットワークの拡大がさらに進むとみられる。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る