JR渋谷駅の線路切替工事に伴う山手線の増発中止 5月30・31日



JR東日本の東京支社は5月15日、渋谷駅の線路切替工事に伴う山手線の増発を中止すると発表した。

5月30・31日の増発が中止された山手線の列車。【撮影:草町義和】

この切替工事は5月29日の夜から6月1日の早朝まで実施。埼京線や湘南新宿ラインなどが、渋谷駅を含む区間で運休する。これに伴い並行する山手線では、5月30日の初電から5月31日の終電までの一部時間帯で、列車の増発と時刻の変更を行う予定だった。

JR東日本は新型コロナウイルスの影響による利用状況を受け、増発や時刻変更は行わず通常ダイヤで運行することにしたという。

切替工事とそれに伴う埼京線・湘南新宿ラインなどの運休は予定通り行われる見込み。6月1日からは、渋谷駅の南側にある埼京線ホームが山手線内回りホームの脇に移動する。その後、山手線内回りホームを拡幅する形で内回りホームと外回りホームを統合する計画だ。