JR四国の新型特急2700系も「アンパンマン列車」に 「赤」と「黄」の2種類

LINEで送る
Pocket

JR四国は3月30日、土讃線に新しい「アンパンマン列車」を導入すると発表した。同列車の運転開始20周年記念企画の一環。2020年度夏季の導入を予定している。

2700系の「アンパンマン列車」のイメージ。【画像:JR四国】

新しい「アンパンマン列車」は、新型車両の2700系特急型気動車を使用。8両(4両編成2本)の車内外を装飾し、赤をベースにした「土讃線あかいアンパンマン列車」と黄色がベースの「土讃線きいろいアンパンマン列車」の2本を岡山~高知間で運転する。

各編成の1号車は「アンパンマンシート」とし、座席は「お子様の目線」(JR四国)でデザイン。「アンパンマン」のキャラクターと一緒に旅行しているかのように演出するという。

「アンパンマン列車」は、故・やなせたかしさんの絵本シリーズ「アンパンマン」のキャラクターで車両の内外を装飾したJR四国の鉄道車両。2000年に土讃線の2000系特急型気動車による「アンパンマン列車」がデビューした。現在は予讃線などでも「アンパンマン」の装飾を施した車両が運用されている。

「土讃線あかいアンパンマン列車」のイメージ。【画像:JR四国】
「土讃線きいろいアンパンマン列車」のイメージ。【画像:JR四国】
「アンパンマンシート」のイメージ。【画像:JR四国】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る