広島電鉄の新線構想「駅前大橋線」とは(未来鉄道データベース)

広島電鉄の駅前大橋線は、同社が運営している広島市内の路面電車線のうち、広島駅への乗り入れルートを変更するために整備される新線。JR広島駅の新しい駅ビル内に停留場を設け、本線と比治山線に接続する新線を建設する。2025年春に開業する予定。

起点の広島駅停留場は、広島駅南口側に設けられる新しい駅ビル(2020年4月着工、2025年春開業予定)の2階に新設。ここから駅前大橋の南詰までの約260mは高架橋……(→ 本文の続きや路線図・写真を『未来鉄道データベース』で見る

関連記事

ページ上部へ戻る