水郡線の全線再開は2021年、西金~袋田間は今年7月再開へ 流失橋りょうはトラス桁に

JR東日本の水戸支社は2月14日、運転を見合わせている水郡線の西金~袋田~常陸大子間について、1年半後の2021年夏頃の全線再開を目指すと発表した。このうち西金~袋田間は今年2020年7月上旬の再開を目指す。

第6久慈川橋りょうの復旧後のイメージ。【画像:JR東日本】

水郡線は昨年2019年10月の台風19号の影響で被災。茨城県内の袋田~常陸大子間では第6久慈川橋りょうが河川増水のため流失し、JR東日本は同橋りょうを含む西金~袋田~常陸大子間の運転を見合わせている。

水戸支社によると、第6久慈川橋りょうの復旧に際しては、昨年と同じ規模の増水が発生しても被災しないよう、河川内の橋脚を減らして1本にし、橋桁は下路式トラス桁の2連構造にするという。

今後は今年2020年7月上旬に西金~袋田間の運転を再開する予定。第6久慈川橋りょうを含む袋田~常陸大子間は2021年夏頃の再開を目指す。

水郡線は常磐線の水戸駅と東北本線の安積永盛駅(福島県郡山市)の137.5kmと、途中の上菅谷駅で分岐して常陸太田駅までの9.5kmを結ぶ支線で構成されるローカル線。列車は東北本線に乗り入れて水戸~郡山間を結んでいる。

関連記事

ページ上部へ戻る