JR神戸線の明石駅にロープ式ホームドア 2月から

JR西日本は1月21日、山陽本線(JR神戸線)の明石駅(兵庫県明石市)で設置工事を進めている「昇降式ホーム柵」(ロープ式ホームドア)について、2月1日の始発から使用を開始すると発表した。

高槻駅に設置されているロープ式のホームドア。【画像:JR西日本】

ロープ式ホームドアは、ロープが上下することによってホームと線路を仕切るホームドア。今回設置されるのは3番線ホームで、おもに姫路方面への特急・新快速電車が発着する。高さは約1.3m、長さは約240m。開口部の幅は最大で約13mになる。

ロープやバーが上下するタイプのホームドアは、左右に開く一般的なホームドアより装置が軽く、設置にかかる費用を抑えることができる。開口部の幅が広く、ドアの位置・数が異なる列車が混在している路線にも対応可能だ。JR西日本では東海道本線(JR京都線)の高槻駅(大阪府高槻市)などに設置されている。

関連記事

ページ上部へ戻る