京急の追浜駅「ベイスターズ」特別装飾を変更 駅名標一新、試合情報伝える掲示板も

京急電鉄は3月12日から、追浜駅(神奈川県横須賀市)で実施している「横浜DeNAベイスターズ」仕様の特別装飾を変更すると発表した。装飾の変更は3月20日の始発から。

追浜駅の駅名標のデザイン変更後のイメージ。【画像:京急電鉄】

駅名標のデザインは今季にあわせ、上り線ホームはベイスターズの「山崎選手」「宮崎選手」をデザイン。下り線ホームも「佐野選手」「今永選手」をデザインする。

このほか、追浜駅の改札外展示ブースを変更。横須賀スタジアムに隣接する青星寮に入寮している選手のサインを展示する。また、横須賀スタジアムで開催されるファーム公式戦の試合情報を表示。対戦カードや開始時間、中止情報などを案内する。装飾変更を記念したコラボグッズも販売する予定という。

京急電鉄と横須賀市、ベイスターズは2018年11月から三者連携を実施しており、京急電鉄は横須賀スタジアム最寄駅の追浜駅でベイスターズ仕様の特別装飾を実施。駅名標にベイスターズ選手をデザインしたり、ベイスターズ球団歌を使った駅メロディーを導入したりしている。