西武園ゆうえんち周辺の2駅「改称」記念切符を発売 硬券4枚と新旧路線図などセット

西武鉄道は3月13日から、駅名改称の記念切符「ありがとう『西武遊園地駅』『遊園地西駅』 よろしく『多摩湖駅』『西武園ゆうえんち駅』記念乗車券」を発売する。発売額は1セット1000円。

駅名改称記念切符のイメージ。【画像:西武鉄道】

駅名変更前のA型硬券乗車券2枚と変更後のD型硬券乗車券2枚のセット。ほかに新旧の西武線路線図ステッカーを、駅や山口線「レオライナー」の写真に加えて新旧の駅名看板を掲載したオリジナル台紙に入れて発売する。

多摩湖(現在の西武遊園地)・西武園ゆうえんち(現在の遊園地西)・萩山・国分寺の各駅で3月13日から3月31日まで販売する予定。現金のみ5000セットの限定販売で、各駅ごとに売り切れ次第、販売を終了する。

西武鉄道は西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)のリニューアルを進めており、これに伴い西武園ゆうえんち周辺にある駅も、3月13日のダイヤ改正にあわせて駅名を変更。これにより西武園ゆうえんちへのアクセスを分かりやすくするという。

リニューアルに伴い西武園ゆうえんちのメインゲート最寄駅になる山口線の遊園地西駅は、「西武園ゆうえんち駅」に改称。多摩湖線と山口線が接続する西武園遊園地駅は、町名や地域の特徴、過去の駅名を勘案して「多摩湖駅」に改称する。