西武鉄道初「軽量型ホームドア」国分寺駅に設置 3月中に使用開始へ

西武鉄道は2月22日、国分寺駅の5・7番線ホームで3月中にホームドアの使用を開始すると発表した。7番線ホームには「軽量型ホームドア」を導入する。

国分寺駅の7番線ホームに導入される軽量型ホームドアのイメージ。【画像:西武鉄道】

国分寺線の5番線ホームは、3月2日の13時35分頃よりホームドアの使用を開始する予定。ただし工事の進展や当日の列車の遅れにより使用開始時期が変更される場合もある。多摩湖線の列車が発着する7番線ホームも工事の進展によって変更される可能性があるが、3月中に軽量型ホームドアを使用開始する予定だ。

国分寺駅5番線ホームのホームドア。【画像:西武鉄道】

7番線ホームの軽量型ホームドアは、可動部にパイプ状ドアパネルを使用。戸袋部もコンパクトにまとめた構造だ。西武鉄道が軽量型ホームドアを採用するのは、これが初めてになる。

関連記事

ページ上部へ戻る