北陸新幹線の福井駅、あすから駅舎工事に着手 1面2線の「コンパクト駅」

LINEで送る
Pocket

鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)はあす10月5日、北陸新幹線の福井駅の駅舎新築工事に着手する。

北陸新幹線・福井駅の駅舎イメージ。【画像:鉄道・運輸機構】

鉄骨造りの平屋建てで、駅本屋は約3100平方m。旅客上家は約6300平方m、駅後方施設は約1300平方mになる。プラットホームは島式ホームの1面2線。待避線も整備されず、新幹線の駅としては珍しいコンパクトな駅になる。

北陸新幹線は現在、鉄道・運輸機構が2023年春の開業を目指して金沢~敦賀間の工事を進めており、完成後はJR西日本が運営する。途中、小松・加賀温泉・芦原温泉・福井・南越(仮称)の各駅が設けられる。

福井駅付近の高架橋は2009年までに完成していた。【撮影:草町義和】
2015年から2018年まで、えちぜん鉄道が福井駅部の高架橋を暫定的に使用していた。【撮影:草町義和】

このうち福井駅付近の高架橋は、2005年に先行して着工。2009年に完成している。2015年から2018年にかけ、えちぜん鉄道が暫定的に北陸新幹線の高架橋を使用していた。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る