東武東上線の新駅「みなみ寄居駅」2020年10月31日に開業へ 運賃は「一駅手前」まで

LINEで送る
Pocket

東武鉄道は12月23日、東上本線(東上線)の東武竹沢~男衾間に設ける新駅(埼玉県寄居町)の名称を「みなみ寄居」に決めたと発表した。2020年10月31日に開業する予定。「ホンダ寄居前」の副名称が付く。

みなみ寄居駅のイメージ。【画像:東武鉄道】

みなみ寄居駅は、ホンダ寄居工場の東側に新設。東武鉄道によると、寄居町の南側に位置することから、分かりやすさと「親しみ」を込めて「南」を平仮名で表記したという。

池袋駅からの距離は68.9km。ただし同駅の運賃は当面のあいだ、池袋方面からは一つ前の駅である東武竹沢駅までの運賃と同額とし、寄居方面からも一つ手前の男衾駅までの運賃と同額にする。

みなみ寄居駅の駅名標のイメージ。【画像:東武鉄道】

同駅の駅番号は「TJ35」。男衾~寄居間の各駅の駅番号は一つずれて「TJ36」~「TJ39」に変更される。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る