JR四国・土讃線の新観光列車「時代の夜明け」制服は幕末・明治をアレンジ

JR四国は12月23日、土讃線の新しい観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」のアテンダントが着用する制服のデザインを発表した。2020年から高知~窪川間で運行を開始する。

制服は幕末・明治期のスタイルを現代風にアレンジ。「激動の時代を生きた女性たちの輝き」をイメージしたという。ブラウス、スカート、ベストスタイルを採用。色は春夏用がネイビーと白、秋冬用がピンクと黒をベースにした。エプロンや春夏用のブラウスの袖には、土佐和紙をプリントで表現している。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」で使われる車両のイメージ。【画像:JR四国】

土讃線では2017年、観光トロッコ列車「志国高知 幕末維新号」が運転を開始。今年11月に最後の運転を終えた。「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」は、これに代わる新しい観光列車。2020年4月18日から高知~窪川間で運転を開始する予定だ。

関連記事

ページ上部へ戻る