東京・日比谷公園「鉄道の日」イベント、2年連続で中止に

LINEで送る
Pocket

国土交通省はこのほど、日比谷公園(東京都千代田区)で毎年10月に開催している「鉄道フェスティバル」について、第27回となる今年2020年は中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のためとしている。

日比谷公園で初めて開催されたときの「鉄道フェスティバル」(1995年)。【撮影:草町義和】

「鉄道フェスティバル」は10月14日「鉄道の日」にちなみ、全国各地の鉄道会社や関係団体などが出展する大規模鉄道イベント。1994年10月、秋葉原の神田市場跡地で初めて開催され、1995年以降は一部の年を除き、日比谷公園で開催されている。今年は10月10・11日の2日間、開催される予定だった。

2019年の「第26回 鉄道フェスティバス」は台風19号の接近に伴い中止されており、2年連続で開催されないことになる。

10月は例年、「鉄道フェスティバル」など「鉄道の日」にちなんだイベントが各地の鉄道で行われているが、今年は新型コロナウイルスの影響で、すでに中止が決まっているイベントも多い。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る