JR西日本の博多南線で増発 山陽新幹線の車両基地公開イベントに対応

JR西日本は12月8日、博多南線(福岡県)で臨時列車を運転する。終点の博多南駅に隣接する車両基地の一般公開イベントに対応するもの。

博多南線の博多南駅。【撮影:草町義和】

博多→博多南間の下り臨時列車は、博多発8~13時台に毎時1本。博多南発12~17時台も毎時1本の博多行き上り臨時列車が運転される。これにより臨時列車が運転される時間帯は定期列車も含め毎時2本になる。

博多南線は、山陽新幹線の博多駅と同線の車両基地(博多総合車両所)に隣接する博多南駅を結ぶ8.5kmの鉄道路線。営業上は在来線の扱いだが、新幹線の回送線を活用して新幹線車両による旅客列車が運行されている。

一般公開される博多総合車両所。【撮影:草町義和】

博多総合車両所では毎年1回、「新幹線ふれあいデー」と題した一般公開イベントが行われている。今年は12月8日の10時から16時まで(最終入場は15時30分)開催される予定。

関連記事

ページ上部へ戻る