JR東日本の高輪ゲートウェイ駅にイベントスペース 新サービスを疑似体験

JR東日本は12月3日、山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)の駅前で期間限定のイベント「Takanawa Gateway Fest(高輪ゲートウェイフェスト)」を開催すると発表した。

高輪ゲートウェイ駅とイベントスペースのイメージ。【画像:JR東日本】

高輪ゲートウェイ駅は2020年春、山手線・京浜東北線の田町~品川間に開業する予定の新駅。駅前に敷地面積の約3万平方mの特設会場を設け、駅の開業から2020年9月上旬まで約半年間、高輪ゲートウェイフェストが行われる。このイベントでは、JR東日本が今後の提供を検討している新しい技術やサービスの疑似体験イベントなどが行われる予定だ。

また、東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中は、特設会場の一部が東京都と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する「東京2020ライブサイト」の会場になる。

関連記事

ページ上部へ戻る