のと鉄道の観光列車「のと里山里海号」3カ月ぶりに運転再開へ

LINEで送る
Pocket

のと鉄道は7月4日から、観光列車「のと里山里海号」の運転を再開する。当面のあいだは土曜・休日の運転に限るなど、サービス内容を縮小する。

のと鉄道の観光列車「のと里山里海号」。【撮影:草町義和】

穴水駅を11時01分に発車する「のと里山里海2号」より再開。当面のあいだは土曜・休日に限り「のと里山里海2・3号」のみ運転し、飲食付きのプランは販売せず乗車のみとなる。

予約受付は6月29日の10時から再開しているが、当面のあいだは電話予約のみなる。また、座席定員を通常の約半数(1両につき20人程度)とするなど、新型コロナウイルスの感染予防策を講じる。

「のと里山里海号」は、のと鉄道が運営する七尾線の七尾~穴水間で運転されている観光列車。車両は「のと里山里海号」用として製造されたNT300形気動車を使用している。新型コロナウイルスの影響で4月13日から運休している。

飲食付きのプランは当面のあいだ販売しない。【撮影:草町義和】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る