LINEで送る
Pocket

線路の分岐器(ポイント)の損傷で運休していた大井川鐵道の大井川本線・金谷~新金谷間(静岡県島田市)について、大井川鐵道は6月25日の始発から運転を再開した。

大井川鐵道大井川本線の金谷駅で発車を待つ普通列車。【撮影:草町義和】

大井川本線は6月19日の午前、新金谷駅構内で蒸気機関車の入れ替え作業中にポイントが損傷。この影響で金谷~新金谷間の運転を見合わせたほか、新金谷~千頭間で6月20日から運転を再開する予定だったSL列車「かわね路」も運休した。

現在は全線の運転を再開しているが、「かわね路」は6月26日から当面のあいだ、電気機関車がけん引するEL列車として運転される。SL列車「きかんしゃトーマス号」は予定通り6月26日から運転される。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る