豊橋電鉄の路面電車がNHK朝ドラ『エール』ラッピング電車に 走行位置も確認可能

LINEで送る
Pocket

豊橋鉄道は4月11日から、NHK朝の連続テレビ小説『エール』のラッピング電車を愛知県豊橋市内の路面電車・東田本線(豊橋市内線)で運転している。

豊橋鉄道の『エール』ラッピング電車。【画像:豊橋市】

『エール』は福島市出身の作曲家・古関裕而とその妻・金子をモデルとしたテレビドラマ。ラッピング電車は福井鉄道から譲り受けたモ800形電車1両(モ803)を使用し、ドラマの主人公の2人が手を取り合い、浜辺を走るシーンを切り取った写真などで車体を装飾している。浜辺の写真は太平洋に面した豊橋市の表浜海岸で撮影されたという。

運転期間は9月26日までの予定。1日につき10往復前後が運転される。車両の走行位置は、豊橋市内を走る路面電車・コミュニティバスのリアルタイム走行位置確認サービス「のってみりん」で調べることが可能だ。

福井鉄道で運用されていた頃のモ803号。【撮影:草町義和】

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る