ディズニーリゾートライン新型車両「Type C」7月3日デビュー

LINEで送る
Pocket

東京ディズニーリゾートを周回するモノレール「ディズニーリゾートライン」(千葉県浦安市)を運営する舞浜リゾートラインは6月25日、新型車両「リゾートライナー(Type C)」の営業運転を7月3日から始めると発表した。

ディズニーリゾートラインの新型車両「リゾートライナー(Type C)」のイメージ【画像:舞浜リゾートライン】

新型車両は6両編成1本で、5月21日に営業運転を開始する予定だった。新型コロナウイルスの影響で東京ディズニーリゾートが休園。ディズニーリゾートラインは営業を継続したが減便し、新型車両の営業運転開始も延期された。

東京ディズニーリゾートは7月1日から再開する予定で、新型車両はその2日後にデビューすることになる。今後も引き続き新型車両が順次導入され、2023年度末までに30両(6両編成5本)が導入される予定だ。

これにより、ディズニーリゾートラインの開業時に導入された従来車両「リゾートライナー(Type X)」30両(6両編成5本)は引退する。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る