山陽新幹線も定期列車が全面再開 関空アクセス特急「はるか」は引き続き一部運休

LINEで送る
Pocket

JR西日本は6月3日、運休中の新幹線や在来線特急について、6月13日から一部の特急列車を除いて定期列車の運転を全面的に再開すると発表した。新型コロナウイルス緊急事態宣言が解除されたことや最近の利用動向を踏まえたもの。

山陽新幹線の列車。【画像:マンハッタン/写真AC】

山陽新幹線は6月13日からすべての定期列車の運転を再開。減便期間中に時刻や停車駅などを変更して運転していた一部の「さくら」「ひかり」は6月12日までの運転になる。「こだま」は一部の区間で時刻を変更して運転する列車がある。北陸新幹線「つるぎ」の定期列車も全面的に運転を再開する。

在来線特急は「サンダーバード」「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」「まいづる」「やくも」「しおかぜ」「南風」の定期列車の運転を全面的に再開。一部の駅で実施していた「やくも」の臨時停車は終了する。関西国際空港のアクセス特急「はるか」は引き続き一部の定期列車を運休する。

このほか、岡山~高松間を結ぶ快速「マリンライナー」は一部の列車が児島~高松間のみ運休していたが、これも全区間での運転を再開する。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る