成田空港の第2ビル駅、JR「二重改札」が解消 12月10日から

東日本旅客鉄道(JR東日本)の千葉支社や京成電鉄などは11月22日、成田国際空港の空港第2ビル駅(千葉県成田市)にあるJRの「二重改札」を、12月10日に解消すると発表した。

空港第2ビル駅のJR「二重改札」の現状(上)と「二重改札」解消後(下)のルート。【画像:東日本旅客鉄道】

空港第2ビル駅は、成田空港の第二ターミナルビル付近にある鉄道駅。JR東日本の成田線成田空港支線と京成電鉄の本線、成田空港線(成田スカイアクセス線)が乗り入れている。

JRの列車に乗って空港第2ビル駅で降りた場合、京成の改札内コンコースを通って改札外のコンコースに出るルートになっており、JR側の出口改札と京成の出口改札の両方を通る必要がある

この状態を解消するため、JR側の入口改札を拡張する工事が行われ、出入口改札を一体化。12月10日の早朝から、京成の改札内を通らずに改札の外へ出られるようになる。

関連記事

ページ上部へ戻る