JR東日本の新幹線は約4割減、中央・常磐特急も約2割減に 指定席は2週間ごとに発売

LINEで送る
Pocket

JR東日本は2020年5月13日、新型コロナウイルスの影響で指定席の発売を見合わせている5月28日以降の新幹線や在来線特急について、同日以降の運転計画を発表した。新幹線の列車は約4割減らし、在来線特急も一部の路線で減便する。

運転本数が約4割減少するJR東日本の新幹線。【撮影:草町義和】

東北・北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」と秋田新幹線「こまち」、山形新幹線「つばさ」、上越新幹線「とき」「たにがわ」「Maxとき」「Maxたにがわ」、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」「あさま」は、5月28日から当面のあいだ、所定より約6割の本数となる臨時ダイヤで運転される。

在来線では、中央本線と常磐線で運転されている特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「ときわ」について、5月28日から当面のあいだは一部の列車を運休。所定の約8割の本数になる。

これらの列車の指定席は当面のあいだ、2週間ごとに区切って発売。5月28日~6月10日の運転分は5月21日の5時30分から発売される予定だ。その後は6月11~24日運転分が6月4日5時30分からの発売で、6月25日~7月8日運転分は6月18日5時30分から発売される。

このほか、5月31日までの一部運休が決まっている伊豆方面の特急「サフィール踊り子」「踊り子」と成田国際空港(成田空港)アクセス特急「成田エクスプレス」も、6月1日から当面のあいだは一部運休を継続する。

臨時列車も6月運転分の列車は運休が決定。新幹線481本と在来線特急・快速列車202本、観光列車518本が運転を取りやめる。このほか、新幹線と在来線特急列車、普通列車グリーン車の車内販売、特急「サフィール踊り子」のカフェテリアも引き続き営業を休止する。

利用者の大幅な減少で閑散とした東京駅のコンコース(5月3日)。【撮影:草町義和】

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る