近鉄がQRコード乗車券の実証実験 2駅で自動改札を検証

LINEで送る
Pocket

近畿日本鉄道(近鉄)などは1月29日、ブロックチェーン技術とQRコードを活用したデジタル乗車券の実証実験を行うと発表した。QRコード乗車券による駅での自動改札を検証する。

実証実験のイメージ。【画像:近鉄】

実証実験は2月17日から23日までで、近鉄難波線の近鉄日本橋駅(大阪市中央区)と近鉄大阪線の近鉄八尾駅(大阪府八尾市)で実施。スマートフォンのアプリに搭載したQRコード乗車券を実験用の自動改札機にかざし、入出場日時の記録や入出場の可否判断などを行う。

実証実験参画各社を中心とした関係者50名程度が参加する。参画するのは近鉄のほか、近鉄ホールディングスと三菱総合研究所、オムロンソーシアルソリューションズ、chaintope(チェーントープ)の各社。

業務面では、企画乗車券をデジタル化(QRコード化)し、スマートフォンアプリに搭載した場合の利便性や業務効率化、コストなどを検証。QRコード乗車券の課題解決策や推進方策を検討する。また、技術面ではブロックチェーン技術を用いたチケットの発行、管理システムの品質面、保守・運用面やコスト面の検証を行う。

将来的には、企画乗車券をデジタル化してオンライン上で販売することを想定。訪日外国人観光客でも簡単に購入できるようにし、販路を海外に広げることを目指す。また、乗車券のデジタル化で発券や改札、案内などの効率化とコスト削減を目指すという。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る