九州新幹線で「キャタピラー」走る ラッピング列車2月から

LINEで送る
Pocket

九州新幹線のラッピング列車「キャット新幹線」のイメージ。【画像:JR九州】

JR九州は2月1日から、「CAT(キャット)新幹線」と題したラッピング列車を、九州新幹線で運行する。

「CAT」は建設機械メーカーのキャタピラー社の略称。ラッピング列車になるのは800系電車の6両編成1本で、JR九州などによると「CAT社の建機と現場のHEROが九州各地で活躍する躍動感」を車体にデザインしたという。側面の窓の周囲はキャタピラー社のコーポレートカラー「キャットイエロー」をあしらった。

運行期間は2月1日から4月末までの予定で、博多~鹿児島中央間を走る「つばめ」「さくら」で運用。初日の2月1日は博多11時41分発の「つばめ321号」で出発式が行われる。この列車に乗客には、先着200人にイエローチューリップの一輪花がプレゼントされる。

キャタピラー社はJR九州グループのキャタピラー九州に建設機械を供給している。今回のラッピング列車は「九州各地の様々な現場の第一線で活躍している皆様=HEROを応援したいというCAT社の思いと、『九州を元気にしたい』というJR九州グループの思い」(JR九州など)が結実したものという。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る