「モバイルパスモ」今春登場 アンドロイドスマホに対応

PASMO協議会(パスモ協議会)は1月21日、スマートフォンで交通系ICカード「PASMO」(パスモ)のサービスが利用できる「モバイルPASMO」(モバイルパスモ)のサービスを今年2020年春から始めると発表した。

交通系ICカード「パスモ」。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

パスモは関東エリアの私鉄やバスを中心に展開している、全国相互利用サービスに対応した交通系ICカード。モバイルパスモのアプリをインストールすることで、カード式パスモと同様に電車やバスの交通利用や電子マネーでの買い物ができる。クレジットカードでのチャージや定期券の購入も可能だ。

モバイルパスモが使えるのはAndroid(アンドロイド)スマートフォンで、購入時にAndroid6.0以上がインストールされたおサイフケータイ対応端末。サービスの具体的な開始日や対応機種などは3月初旬に案内される予定だ。モバイルパスモ定期券の発売予定事業者は次の通り。

●鉄道
 小田急電鉄
 京王電鉄
 京成電鉄
 京浜急行電鉄
 埼玉高速鉄道
 相模鉄道
 首都圏新都市鉄道
 新京成電鉄
 西武鉄道
 千葉都市モノレール
 東急電鉄
 東京地下鉄
 東京都交通局
 東武鉄道
 北総鉄道
 ゆりかもめ
 横浜高速鉄道
 横浜市交通局
 横浜シーサイドライン

●バス
 小田急バス
 江ノ電バス
 川崎市交通局
 川崎鶴見臨港バス
 関東バス
 京王電鉄バス
 京成バス
 西武バス
 相鉄バス
 立川バス
 東急バス
 東京都交通局
 西東京バス
 日立自動車交通
 横浜市交通局