西武鉄道が新宿線の車両基地を公開 新型特急「ラビュー」展示、50周年ヘッドマークも



西武鉄道は10月5日(土)、車両基地の一般公開イベント「西武トレインフェスティバル 2019 in 南入曽車両基地」を開催する。開催時間は10時から15時まで。

新所沢~南入曽車両基地間の臨時列車に取り付けられるヘッドマーク。【画像:西武鉄道】

南入曽車両基地(埼玉県狭山市)は、西武新宿線の車両基地。50年前の1969年10月1日に開設された。以前は夏に一般公開イベントが行われていたが、2018年から秋の開催に変わった。西武池袋線の新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」などが展示される予定。電車との綱引きや乗務員室での記念撮影、車両床下の見学なども行われる。

これに伴い当日は、西武新宿線の新所沢駅と南入曽車両基地(埼玉県狭山市)を結ぶ臨時列車を運行。今回は同基地の開設50周年を記念したヘッドマークが一部の列車に取り付けられる。