山形新幹線の福島・山形県境トンネルで携帯電話が利用可能に

LINEで送る
Pocket

JR東日本は1月14日、奥羽本線の福島・山形県境区間のトンネル内で携帯電話を使えるようにすると発表した。山形新幹線の列車でも使える。

山形新幹線「つばさ」。【撮影:草町義和】

1月24日の始発から、奥羽本線の赤岩駅(福島市)と板谷駅(山形県米沢市)を結ぶ区間のトンネル内(約5.9km)で、携帯電話サービスを開始する。サービス提供事業者はNTTドコモ・KDDI・ソフトバンク。

この区間は普通列車と山形新幹線「つばさ」が同じ線路を走っており、「つばさ」でも携帯電話を利用できるようになる。

JR東日本の新幹線で携帯電話が利用できる区間と対応工事中の区間。【画像:JR東日本】

本年度2019年度内には、東北新幹線・七戸十和田駅の前後や上越新幹線の越後湯沢駅と浦佐駅の新潟寄り、北陸新幹線・飯山~上越妙高間のトンネル内でも携帯電話が使えるようになる予定だ。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る