中国の観光列車「パンダトレイン」完成 25G形改造、スイートや「幅広」B寝台も

中国国家鉄路集団(中国国鉄)は1月28日、まもなく運転を開始する観光列車「熊猫専列(パンダトレイン)」の客車が完成したと発表した。

「熊猫専列」の高級硬臥とみられる車内。2段式B寝台に似ている。【画像:中国国鉄】

25G形客車10両を改造したもので、特級軟臥1両と高級軟臥2両、高級硬臥5両、餐車1両、多功能娯楽車1両で構成される。定員は252人。車両の種別ごとに愛称が付けられており、特級軟臥は「熊猫悦府」、高級軟臥は「熊猫雅舍」、高級硬臥は「熊猫小屋」、餐車は「熊猫餐车」、多功能娯楽車は「熊猫楽園」だ。

「熊猫専列」の車体側面に描かれたパンダのイラスト。【画像:中国国鉄】

中国国鉄が公表した写真によると、寝台車を中心とした構成で、シャワールームも備えている。特級軟臥はA寝台スイート、高級軟臥はA寝台ロイヤルに相当する個室寝台とみられる。高級硬臥は2段式B寝台に似た構造だが、1区画の幅を大幅に広げ、スペースに余裕を持たせたようだ。餐車は食堂車のこと。多功能娯楽車は多目的に使えるフリースペース車とみられる。

特級軟臥もしくは高級軟臥と思われる寝室。【画像:中国国鉄】
シャワールーム(左)もある。【画像:中国国鉄】

関連記事

ページ上部へ戻る