叡山電鉄で『Aチャンネル』ヘッドマーク列車 漫画完結にあわせ来年1月から運転

叡山電鉄は12月25日、黒田bbさんの漫画『Aチャンネル』の「ヘッドマーク掲出車両」を運転すると発表した。芳文社の漫画誌『まんがタイムきらら』とのコラボレーション企画「きらら×きららプロジェクト」の第29弾。

叡山電鉄『Aチャンネル』コラボヘッドマークのイメージ。【画像:叡山電鉄/(C)黒田bb/芳文社】

『Aチャンネル』のキャラクターやコラボロゴをデザインしたヘッドマークを、800系電車デオ810形の2両編成1本(811+812号)に装着して運転する。運転期間は来年2021年1月16日から3月31日まで。

『Aチャンネル』は2008年から芳文社の『まんがタイムきららキャラット』で連載されていた漫画。12月25日発売のコミックス11巻で完結するのにあわせ、叡山電鉄とのコラボが企画された。

関連記事

ページ上部へ戻る