銀座線の電車「放電」でウイルスや花粉など抑制 空気循環ファンを試験搭載

東京地下鉄(東京メトロ)は11月26日、空気中に浮遊するウイルス・菌・花粉を抑制する機能を持つ車内空気循環ファンの搭載試験を始めた。

東京メトロ銀座線の1000系。【撮影:草町義和】

空気循環ファンは、銀座線で運用されている1000系電車の1両に搭載。各ドア横の荷物棚上部に計6台が設置された。

東京メトロによると、この循環ファンは三菱電機製で、同社独自の放電技術を使った「ヘルスエアー機能」を搭載。車内の空気を装置に取り込み、電気を発生させた空間を通過させることでウイルスや菌、花粉を抑え、車内空間の環境改善を図る。鉄道車両への試験搭載は初めてという。

循環ファンの外観(左)と設置位置。【画像:東京メトロ】

東京メトロはこれまで、新型コロナウイルスの感染予防策として窓開けによる車内換気や、車両の抗ウイルス・抗菌処置を実施してきた。三菱電機製の車内空気循環ファンの試験搭載も、新型コロナ対策の一環だ。

試験の実施期間は11月26日から来年2021年2月下旬までの予定。東京メトロは装置内部のフィルターへの影響など、鉄道車両での使用における保守性を試験し、結果を踏まえて今後の運用について総合的に判断するとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る