真岡鉄道で『レヱル・ロマネスク』貸切SL列車 出演声優のトークなど

真岡鉄道は12月26・27日の計2日、SL列車「貸切SLすずしろ号」を運行する。テレビアニメ『レヱル・ロマネスク』のイベント。出演声優によるトークなどが車内で行われる。

真岡鉄道の蒸気機関車C12 66。【画像:ハダシストさん/写真AC】

運行区間と時刻は真岡11時13分発(10時52分入線)→茂木12時06分着・14時26分発→真岡15時19分着。列車名は12月26日が「貸切SLすずしろ1号」、翌27日が「貸切SLすずしろ2号」になる。

『レヱル・ロマネスク』で「すずしろ」を演じた上坂すみれさんの録音による車内放送が流れる。また、12月26日の「貸切SLすずしろ1号」に「しろがね」役の上絛千尋さん、12月27日の「貸切SLすずしろ2号」には「かかあ」役の永井真衣さんがそれぞれ乗車。『レヱル・ロマネスク』の収録秘話などを話す。

このほか、抽選でプレゼントがあたる車内ミニイベントなども行われる予定だ。司会進行は『レヱル・ロマネスク』原案・シリーズ構成の進行豹さん。

乗車は無料だが、事前に『レヱル・ロマネスク』ウェブサイトで申し込む必要がある。1次締切は11月29日。定員に満たなかった場合は2次募集が行われる。

『レヱル・ロマネスク』は10月から東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で放送されているテレビアニメ。人工知能を搭載した人型の鉄道車両制御モジュール「レイルロオド」たちの物語で、「すずしろ」は「万岡鉄道C12 67専用レイルロオド」という設定だ。真岡鉄道のSL列車で運用されているC12形蒸気機関車は66号機。67号機は1973年に廃車されたが、現在は中央本線・茅野駅(長野県)の駅前に保存展示されている。

「SLもおか」に取り付けられているヘッドマーク。「SLもおか」に掲出されたヘッドマークのイメージ。【画像:真岡鉄道/(C)レヱル・ロマネスク製作委員会】

真岡鉄道は10月から、「すずしろ」をデザインしたヘッドマークをC12 66けん引のSL列車「SLもおか」に取り付けて運転している。12月13日にヘッドマーク掲出が終了するのを記念して、SL列車の貸切が企画された。