大阪メトロが組織改正、マース推進目指す部組織など新設

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は1月1日付けで組織改正を実施。「安全推進部」と「次世代都市交通開発部」を新設した。

大阪メトロの四つ橋線。【撮影:草町義和】

同社はこれまで、鉄道事業本部の統括部に課組織として安全推進課を設けていたが、部組織に昇格させる形で安全推進部を新設した。

次世代都市交通開発部は、交通サービスの一体的提供(MaaS=マース)の推進を目的としたもの。「都市型MaaS」の早期実現に向けた推進体制の強化を図るため、専任組織として新設したという。

関連記事

ページ上部へ戻る