JR西日本のスマホICカード「モバイルイコカ」2023年春開始 マースアプリ連携も検討

LINEで送る
Pocket

JR西日本は10月16日、同社のICカード「ICOCA」(イコカ)の機能をスマートフォンで利用できる、「モバイルICOCA(仮称)」(モバイルイコカ)のサービスを行うと発表した。2023年春開始の予定。

自動改札機とスマートフォン。【画像:himawariin/写真AC】

JR西日本はサービス内容の詳細について検討中としているが、先行する「モバイルSuica」(モバイルスイカ)などと、おおむね同じサービスを提供するとみられる。

自動改札機や店舗での支払いでは、イコカカードと同様にスマホを読み取り部にタッチするだけで利用できる。また、定期券の購入や払い戻し、チャージなどが、スマホアプリの操作で場所を問わずにできるように。チャージ残額や利用履歴なども、スマホ画面上で確認できる。定期券の購入やチャージの代金は、サービスの利用開始時に登録するクレジットカードからの支払いになる。

このほか、チケットレス対応ネット予約サービスの「スマートEX」(東海道・山陽新幹線)や「新幹線eチケットサービス」の交通系ICカードとしてモバイルイコカを登録することで、新幹線の予約、支払い、乗車までスマホ1台で利用できるようになる。観光型MaaS(マース)のアプリである「WESTER」(ウェスタ-)や「setowa」(セトワ)との連携も検討していくという。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る