京王電鉄が深夜減便、「京王ライナー」は朝夕増強と深夜廃止 10月30日ダイヤ修正

LINEで送る
Pocket

京王電鉄は9月30日、京王線や相模原線のダイヤ修正を10月30日に実施すると発表した。朝夕に座席指定制の通勤列車「京王ライナー」を増強する一方、深夜帯は減便する。

「京王ライナー」で運用されている5000系電車。【撮影:草町義和】

「京王ライナー」は、平日朝に設定されている京王八王子→新宿間の上り臨時列車2本を定期運行に変更。平日夕夜間の18~19時台は、下りの新宿→京王八王子間1本と新宿→橋本間2本を増発する。一方、深夜0時台の下り京王八王子行き1本と橋本行き1本は、平日・土曜・休日ともに廃止する。

それ以外の列車も、運行本数などの見直しが行われる。平日の相模原線内の準特急は、11時頃から14時頃まで京王多摩センター~橋本間を各駅停車で運行しているが、これを11~16時頃に拡大する。

22時台の各駅停車は、平日・土曜・休日ともに途中駅での通過待ちを減らし、調布駅までの所要時間を短縮。列車の利用状況にあわせ、新宿発の一部列車の種別・行先を変更するとともに、運行間隔を12分から15分に拡大して減便する。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る