東京~大阪の高速バス「グラン昼特急」「グランドリーム」で「一人2席」発売

LINEで送る
Pocket

西日本JRバスは9月1日から来年2021年3月31日までの期間、横4列席の高速バスで、隣接する2席を一人で利用できる「ダブルシート」を設定する。東京~大阪間で運行している一部の高速バスが対象。

西日本JRバスの高速バス(新型スカニア車両)。【画像:西日本JRバス】

ダブルシートが設定されるのは、2階建てバスの新型スカニア車両(2階3列席、1階4列席)で運用する、東京~大阪間の「グラン昼特急5・6号」と「グランドリーム14・27号」。1階4列席をダブルシートとして設定する。

今年2020年8月25日から順次発売する。予約サイト「高速バスネット」では、「4列W席」と表示される席がダブルシートになる。利用日によってはダブルシートが設定されない場合もある。

新型スカニア車両の1階4列席。【画像:西日本JRバス】

料金は「グラン昼特急」が4300~8000円、夜行の「グランドリーム14・27号」が6000~1万円。たとえば座席番号「21D」のダブルシートを購入した場合、「21D」と隣接する「21C」を一人で利用できる。ダブルシートを二人で利用することはできない。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る