阪急の神戸三宮駅ホームドア、十三より薄く 10月から2月にかけ順次使用開始

LINEで送る
Pocket

阪急電鉄は8月20日、神戸本線の神戸三宮駅のホームドア設置工事を8月28日から始めると発表した。来年2021年1月上旬までに設置工事を完了し、2月下旬までにすべてのホームドアの使用を開始する。

ホームドアのイメージ。【画像:阪急電鉄】

ホームドアは腰高式・一部透過型を採用。高さは約1.3m、開口幅は約3.2mになる。厚さは十三駅に設置しているホームドアより約100mm薄い約200mmとし、可能な限りホームの幅を確保するようにするという。

まず今年2020年8月28日の営業終了後、2番線ホームで設置工事を実施。その後は3番線、1番線、4番線の順に設置する。スケジュールは次の通り。

2番線:8月28日営業終了後に設置工事→10月中旬使用開始
3番線:9月中旬に設置工事→11月上旬使用開始
1番線:11月中旬に設置工事→12月下旬使用開始
4番線:2021年1月上旬に設置工事→2月下旬使用開始

ホームドア(赤)の設置位置。【画像:阪急電鉄】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る