JR九州「ピクサー新幹線」運転 『トイ・ストーリー』25周年、ピクサーキャラで装飾

LINEで送る
Pocket

JR九州は8月17日、アニメ映画『トイ・ストーリー』の公開25周年を記念し、9月12日から九州新幹線で「JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線(JR九州・ワクワク・アドベンチャー・新幹線)」を運転すると発表した。

「ワクワク・アドベンチャー・新幹線」の外観イメージ。【画像:JR九州】

『トイ・ストーリー』はウォルト・ディズニー・カンパニー子会社のピクサー・アニメーション・スタジオが制作した、世界初のフルCG長編アニメ映画。「ワクワク・アドベンチャー・新幹線」は800系電車の6両編成1本を使用し、ピクサーの世界観で装飾する。

外観は九州各県の形をモチーフにしたグラデーションを背景に、ピクサーのキャラクターをデザイン。先頭部の側面には、ピクサーの短編作品やオープニングに登場する電気スタンドのキャラクター「ピクサー・ランプ」を配する。車内はキャラクターがデザインされた座席ヘッドカバーで装飾される。JR九州は「九州新幹線でのわくわく した冒険の旅を表現」するという。

「ワクワク・アドベンチャー・新幹線」の内装イメージ。【画像:JR九州】

運転期間は9月12日から来年2021年5月上旬までの予定。九州新幹線の博多~鹿児島中央間で運転される。初日9月12日の一番列車(博多12時19分発「つばめ363号」鹿児島中央行き)の乗客には、記念乗車証とオリジナルフラッグをプレゼントするほか、オリジナルグッズの販売も行うという。

9月13日以降の運行スケジュールは、8月20日以降に特設サイトで案内される予定。その後は毎月20日以降、翌月の運行スケジュールが案内される。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る