JR九州「ななつ星のお店」再び開催 博多駅の専用ラウンジを使用

JR九州は2020年1月3~5日間の3日間、同社のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」をテーマにした期間限定の店舗「ななつ星のお店」を博多駅(福岡市博多区)で営業する。

JR九州のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」。【撮影:草町義和】

2019年7月に実施した「ななつ星のお店」が好評だったとして、2回目の開催。クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の客しか入れない専用ラウンジ「金星」を使い、オリジナルグッズを販売するほか、列車内の雰囲気を体感できるパネルの展示や、正月にちなんだ「ななつ星の福くじ」などのイベントも行う。開催時間は各日10時30分~16時30分。

「ななつ星」はJR九州が運行しているクルーズトレイン。「ななつ星」専用客車として開発された、豪華な個室やダイニングカー、ラウンジカーで構成される77系の7両編成で運転されており、ディーゼル機関車のDF200形7000番台がけん引する。

前回の「ななつ星のお店」の様子。【画像:JR九州】

2020年10月には運行開始7周年を迎えることから、「ななつ星のお店」の今回のテーマは「2020年お正月・ななつ星7周年、ななつ星のお店に来てラッキーセブンな年に!」になる。

関連記事

ページ上部へ戻る