西武鉄道の特急「ちちぶ」氷柱公開で芦ヶ久保駅に臨時停車 割引切符も

西武鉄道は「あしがくぼの氷柱」の公開にあわせ、2020年1月10日~2月24日の金・土曜と休日に限り、西武秩父線の芦ヶ久保駅(埼玉県)に特急「ちちぶ」を臨時停車させる。

「あしがくぼの氷柱」と西武特急「ちちぶ」。【画像:西武鉄道】

下りは土曜・休日のみ池袋発9~17時台の9・11・13・15・17・19・21・25・29号が停車。上りは金曜日に芦ヶ久保発18~20時台の44・48・52号が停車し、土曜・休日は芦ヶ久保発14~20時台の30・32・36・40・44・48・52号が停車する。

「あしがくぼの氷柱」は、地元住民が芦ヶ久保駅に近い山の斜面に沢の水をまいて作り出す、幅200m、高さ30mの氷柱。秩父三大氷柱のひとつとされる。公開期間は2020年1月5日から2月24日まで。公開時間は月~木曜日が9~16時だが、金~日曜は9~20時に拡大し、日没から20時までライトアップされる。

ライトアップされた氷柱。【画像:西武鉄道】

今回は西武秩父線の開業50周年を記念し、西武線の駅から芦ヶ久保駅までの往復割引乗車券と「あしがくぼの氷柱」入場券(環境整備協力金)をセットにした「氷柱観賞きっぷ」も発売される。発売額(大人)は池袋駅からが1500円。

関連記事

ページ上部へ戻る