大井川鐵道×きかんしゃトーマスに2階建てバス「バルジー」5月デビュー

LINEで送る
Pocket

大井川鐵道は3月13日、英国テレビ番組「きかんしゃトーマス」のキャラクターに似せた蒸気機関車などを走らせる企画「DAY OUT WITH THOMAS(デイ・アウト・ウイズ・トーマス)」について、今年2020年は新しいキャラクター「2かいだてバスのバルジー」が登場すると発表した。5月16日から運転される。

「2かいだてバスのバルジー」のイメージ。【画像:大井川鐵道】

「バルジー」がJR静岡駅南口と大井川鐵道の新金谷駅のあいだを走り、「きかんしゃトーマス」主人公のタンク式蒸気機関車「トーマス」がけん引するSL列車「きかんしゃトーマス号」との連絡を図る。

「バルジー」は「きかんしゃトーマス号」への乗車などをセットにしたツアー形式のみの販売。3月18日10時からの先着販売の場合、旅行代金は大人1万3500円、小学生1万2500円、幼児(1歳~未就学児)1万円、0歳児(席なし・弁当なし)500円。ほかに川根温泉ホテルのランチバイキングを付けたプランもある。

大井川鐵道によると、「バルジー」は観光客や通勤客を乗せてソドー島を走る2階建てバスという設定。「鉄橋に引っかかる事故を起こしても反省しなかったため、農場のニワトリ小屋にされてしまった」こともあるという。

大井川鐵道での「デイ・アウト・ウイズ・トーマス」は2014年に開始。「トーマス」のほか、これまでにテンダ式蒸気機関車「ジェームス」や「バスのバーディ」などが運転されている。自動車のキャラクターが登場するのは「バスのバーディー」以来4年ぶりだ。

今年2020年も「きかんしゃトーマス号」が運転されるが、「ジェームス」は運転されない。

大井川鐵道を走る「きかんしゃトーマス号」。写真は「トーマス」(先頭)と「ジェームス」(後方)を連結した重連運転時のもの。今年2020年は「ジェームス」は走らない。【撮影:草町義和】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る