関東鉄道の常総線で「鉄道むすめ」ラッピング車 つくばエクスプレスと初コラボ

関東鉄道は3月7日から、常総線で「鉄道むすめフルラッピング列車」の運転を始める。同社の観光キャンペーンの一環。キハ5000形気動車1両(キハ5004)を「鉄道むすめ」キャラクターの「寺原ゆめみ」「秋葉みらい」のイラストで装飾する。

2社の「鉄道むすめ」を描いた関東鉄道のラッピング列車。【画像:関東鉄道/(C)TOMYTEC/イラスト:伊能津】

ラッピングの期間は3月7日から来年2021年3月31日までの予定。ラッピング車両が使われる列車は日によって変わるが、3月15日~4月14日の土曜・休日は次の列車で運転される予定。14時26~30分のあいだ、水海道駅で「鉄道むすめフルラッピング列車」と「ふらっと!294ラッピング列車」が並ぶ。

●下り
水海道11時47分発→下館12時43分着
守谷14時14分発→下館15時24分着
守谷17時11分発→下館17時58分着(快速)

●上り
下館13時06分発→守谷14時05分着
下館15時34分発の守谷16時42分着
下館18時30分発→水海道19時27分着

「鉄道むすめ」はトミーテックが展開しているキャラクターコンテンツで、鉄道の現場で働く女性をモチーフにしている。「寺原ゆめみ」は関東鉄道の駅務員(車内検札中)という設定のキャラクター。「秋葉みらい」は首都圏新都市鉄道が運営する常磐新線(つくばエクスプレス線=TX)の乗務員という設定だ。

関東鉄道と首都圏新都市鉄道が「鉄道むすめ」のコラボ企画を行うのは、これが初めて。

関連記事

ページ上部へ戻る