京王電鉄5000系にドリンクホルダー 「京王ライナー」などで運用

LINEで送る
Pocket

5000系の座席に設置されたドリンクホルダー。【画像:京王電鉄】

京王電鉄はこのほど、5000系電車にドリンクホルダーを設置した車両を増備し、運行を始めた。

5000系は座席指定制の通勤列車「京王ライナー」を中心に運用されている通勤型電車。座席はロングシートとクロスシートの両方に転換でき、「京王ライナー」として運転する際はクロスシート、それ以外の列車で運転する場合はロングシートと使い分けている。

このほど増備されて60両(10両編成6本)になり、6本目の編成の座席にドリンクホルダーが設置された。クロスシート時の座席背面に設置されており、ロングシート時に使うことはできない。また、一部の座席は3人掛けの固定ロングシートになっており、ドリンクホルダーは設置されなかったが、壁側の席に肘掛けを新設した。

6本目の編成は1月11日から運用を開始。3月までには既存の1本にもドリンクホルダーを設置し、将来的にはすべての5000系に設置するという。

壁側の席に新設された肘掛け。【画像:京王電鉄】
「京王ライナー」で使われている5000系。【撮影:草町義和】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る